2016年08月22日

いちごの苗がたくさんできました

 いちごの苗がけっこういい感じで増えてきました。

 親株からランナーが出て子ども苗が出来、その子ども苗から孫苗、ひ孫苗とできていきます。私は子ども苗を「1号機」、孫苗を「2号機」と呼んでいるのですが、元気な苗は「7号機」まできててきました。

 旦那からは「60苗あれば、いいのだけを選別したとしても確実に余る」と言われていたのですが、この苗を増やす作業があまりに楽しくて、気づいたら200苗くらいになっておりますw。

IMG_0501.JPG

 そしてついに昨日、旦那からドクターストップがかかりまして、もうこれ以上は苗を増やさない方向となりました。

IMG_0502.JPG

 その記念に、大きなプランターの親株はすべて撤去し、子ども苗ばかりとなりました。こうなるときれいに並べないと気が済まない。
 「1号機と2号機だけで止まっているのは、手前の左側」「3号機まで止まりは手前の右側」「真ん中へんは、いい感じで増えてきたもの」「奥は卒業生」という感じでおいております。


 卒業生とは、もうランナーに頼らなくても、一人前の苗として生きていくことができると判断し、完全に切り離した苗のことです(勝手に命名)。卒業生苗の一か所のランナーが長くなっているのは、「ここが親株からつながってきたんだよ」というマークです。
 イチゴは、親株からつながってきたランナーの反対側に向かって、実をつける習性があるので、このランナー跡を参考にしてプランターに植えていきます。

IMG_0501.JPG

 卒業生がもう30苗くらいになってきており、これはすこぶる元気です。この中から優等生が来年の苗となり、おいしいいちごを実らせるわけですね。

 ああ、もっと栽培する場所がほしい。

 我が家のイチゴ苗は、すべて「さちのか」です。数年前に、わずか一苗だけ分けていただいた苗をじっくりじっくり増やしていったのが、今あるすべてです。


 ところが今回、新たな仲間が増えました。

IMG_0505.jpg

 「もうこれ以上増やさなくていい」と言われているにもかかわらず、コーナンに行った時に「桃薫」という、すこぶる香りのよいイチゴの苗が売られており、なんとランナーが出ていて、孫苗、ひ孫苗、玄孫苗と続いているのがあったので、思わず買ってしまいました。

IMG_0504.JPG

 これだけでまたプランターがひとつ必要となりますが、いいイチゴができそうです。



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 篠山情報へ
↑クリックしてね
posted by きとら at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。