2016年07月22日

京丹後の思い出

 先日、京丹後のおうちに行ったときの思い出です。


IMG_0358.JPG

 ワンコに、「仲の良いところを写真撮りたいので、じっとしていて」ってお願いして撮った写真。だから、口元がちょっとご機嫌悪い感じで、視線もこっちに向いております。「も、もういいかな。もういいかな」と言っております。
 撮り終ったら、すぐにこの体勢はやめていました。

IMG_0356.JPG

 この、ひつじのようなお尻は、まがうことなく「ヒツジのお尻」です。「お前誰や!」って言うてるのはハルです。京丹後のおうちの近くにある、丹後王国「食のみやこ」という道の駅の一コマです。
 ここは去年あたりまで、「丹後あじわいの郷」というひなびれたショボーンとした公園で、観光客がゼロという日も結構あったのではなかろうかというくらい、人もいなかったのですが去年4月にリニューアルオープンして以来、大盛況です。

 ワンコも入ることができて、ぐるりと一周まわると30〜40分ほどかな。ちょうどいい散歩コースで、「そろそろワンコのうんちが出るころ」というあたりに、「UNCHI BOX」という、お弁当箱のような名前の「ワンコのうんち捨て専用ゴミ箱」もあるという、至れり尽くせりぶりです。


 時々、このようにひつじが散歩していたり、人力車が走っていたりしますし、セグウェイに乗れたり、子供だましのようなビニールのプールもあったりとにぎやかです。

 ブルーベリーも200本ほど植わっているし、ほかにも植物がいっぱい。
 あと、ポニー(馬)の乗馬体験もできるらしいんだけど、そっちのコーナーはワンコが行くのはダメなんじゃなかろうかと思って、まだ行ったことはありません。


 この「食のみやこ」の隣には「フルーツ王国やさか」という、果物をいっぱい育てている施設もあるのですが、そちらは行ったことがないです。
 今の季節はメロンかな。
 つまりは、二つ並んで王国があるわけで、オランダとルクセンブルグのようなものですね。



 京丹後のおうちの庭には、ラベンダーがたくさん咲いている、と思っていました。
 「ラベンダーって自生のもあるんだね」と話をしていたのですが、ご覧のとおり、黒くなっております。葉っぱの形もラベンダーとは少し違う。葉っぱをちぎって匂いを嗅いでみたんだけど、まったく何の匂いもしない。
 株から大量に生えるわけでもなく一本ずつ生えているし。

IMG_0362.JPG

 花が咲いていたころは紫色で、まさにラベンダーしていたのだけど、じっくり見るとラベンダーとは別物です。

 旦那がいろいろ調べて、「ウツボグサっていう花じゃないか」と言っていたのですが、写真を見比べれば見比べるほど、なんかそれとは違うような気がしないでもないし。似ているっちゃあ似ているし。
 なんの花だろう。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 篠山情報へ
↑クリックしてね
posted by きとら at 14:25| Comment(0) | 京丹後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

ありえない注意書き

 せっかくのお休みなので、実家から京丹後のおうちにひとっ飛びしてきています。

 すぐ近くにオートキャンプ場があって、夜に花火をしているので、ポン!ポン!という音のたびにワンコ(ハルのほう)が怯えております。どうやら撃たれると勘違いしているらしい。
 部屋の隅でプルプルしとる。

 ていうか、夕方に「いととめ」まで買い出しに行ったときに、近くで花火大会があるのか17時30分に「ドーン、ドーン、ドーン、ドーン」って巨大な空砲が鳴り響きました。たぶん「今日は花火大会開催しますーー!」っていう合図の空砲だと思うんだけど、ワンコ二匹ともクルマの中で固まってた。
 ハルに至っては、まん丸になってカチコチになって動かなくなっていました。いわゆる「ハルモナイト状態」です。


 もっとのんびりできるようになって、月の1/3くらいはこちらに来れるようにすればいいんだろうけど、月1回くらいだと、今の季節は来るたびに草刈りです。
 来るたびにジャングル。

 んで、草刈りで汗をかいたので温泉へ。

 おうちの近くの、はしうど荘というところです。
 近くに海水浴場があるので、今の季節は海水浴帰りの客が非常に多い。ふだんは閑散とした古びた非常にいい温泉なんだけどねえ。
 海水浴客が多いと、ありえない暴挙に出る人もいるらしく、温泉側も「ありえない注意書き」がなされていて少し笑います。

 たとえば玄関には、

「砂をつけたままで入らないでください」
↑これは分かる。

「裸で入ってこないでください」
↑ふぁーーーっ????


 また、廊下にもこんな張り紙が。

「入れ墨・タトゥーのあるかたは入らないでください」
↑これは分かる。

「浴場や脱衣場でストレッチや筋トレは恥ずかしいのでご遠慮ください」
↑ふぁーーーーーっ??

^F08117A55CD540F044236E98EE6B3E60A8B48428B5413AB904^pimgpsh_fullsize_distr.jpg

 ありえない注意書きがあるということは、ありえないことが起こったということなのでしょう。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 篠山情報へ
↑クリックしてね
posted by きとら at 02:45| Comment(0) | 京丹後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

裏山にモミジイチゴがいっぱい!

 今日はドフリーで、間人のおうちに行っていました。

 去年の今頃、家の裏山にキイチゴがいっぱいできていたのを覚えていたので、今年も見てみたら、もう終わっていました。

 去年、モミジイチゴとは知らずに大量に刈り取ってしまったので、それで今年実が少なかったのかもしれません。


 帰る時に写真とったらいいやと思って、ついつい撮り忘れたのですが、調べてみたら「モミジイチゴ」でした。
 黄色に近いオレンジ色の実で、大きめのモミジによく似た葉っぱでした。


 二個三個、実があったので取って食べてみたら、ほんのり甘くておいしい。酸味も少ない。自然なイチゴだけあって、ちょっとだけ草っぽい味がしました。これも自然の醍醐味で、市販の食べ物では絶対に味わえない味です。
 まじ、忘れることができないレベルの感動です。
 だって、目の前に自生している実が甘いのですよ。


 日本に自生するキイチゴで、食用可能なのは3種類あって、このモミジイチゴと、クサイチゴ、ナワシロイチゴです。
 私の、次なる目標ができた!

 このモミジイチゴは、次に行った時に、分かれて出てきた芽をいくつかとってきて、こちらで植えてみようと思います。

 あと、旦那談なのですが、自宅の裏山の坂にも「明らかにヘビイチゴではないキイチゴができている」とのことなので、明日にでも見に行ってこよう。
 もしかすると、クサイチゴかナワシロイチゴかもしれん。見に行って食べてみる。

 写真は、てんきてんき丹後。

WP_20160615_11_26_53_Pro.jpg

 ここは、オートキャンプができる道の駅です。
 オートキャンプのできるところでワンコと散歩していたんだけど、そこいらじゅうにニセアカシアの木を大量に発見!
 ていうか、このへんの山は杉の植林をしていないので、日本古来の雑木林が延々と山のてっぺんまで続いているんですよね。
 だから、養蜂には持って来いの場所で、見れば見るほど「京丹後もいいなあ」って思ってしまう。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 篠山情報へ
にほんブログ村
posted by きとら at 00:15| Comment(0) | 京丹後 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。